片思い&彼氏彼女&結婚で困ったら
恋愛診断・恋愛占い ハニホー!

目次に戻る

母親父親」まとめ

親とは何か / 母親とは何か / 父親とは何か / 親・母親・父親の意味 / 親・母親・父親の定義

親とは

子を産んだ人、または誰かを子として養い育てる人。母親父親、のこと。

母親とは

のうち、女のほう。

父親とは

のうち、男のほう。

親の過干渉と子の性格

からの強い干渉を受けた子は、基本的に干渉されたり期待されたり何か背負わされること(約束や義務など)を嫌うようになる。その中でも、干渉への反発心を出せる人、もしくは干渉から逃れることが可能な状況にいる人は、干渉を避けたり義務や責任を逃れる立場を取りがちである(結婚を先延ばしにする、付き合う気が起きない、など)。

から干渉を受け、干渉を受けることを嫌ったり義務などを背負うことを嫌う人でも、それまでの癖によって干渉を受けると呑み込まれてしまう人もいる。そのような人は、例えば攻撃的な性格の人に傷つけられながらも我慢しすぎてしまったり、何か頼まれたり責められたりすると自分が我慢をしなくてはいけない気がして呑み込んでしまう、という傾向がある。

つまり過干渉を受けて育った人が干渉や義務などを嫌う傾向はほぼ確実にあると言えるが、それらを避けるか、呑み込まれて我慢しがちになるかは、状況やその他の要素にも左右されて決まることだと言える。

※人の性格は様々な要素に左右される。したがってとの関係は、性格に影響を及ぼす様々な要素のうちの一つでしかないことを理解すべきである。

親の放置(放任)と子の性格

が子に対して、を持って見守り、自由な発達を促すという以上に放置(放任)した場合は、基本的に子を寂しがらせることになる。寂しさというのは、への飢餓感、自分の存在が必要とされているかどうかへの不安感である。

寂しさを植え付けられた場合、その寂しさの解消が期待できる人、もしくは期待できる状況下にいる人は、誰かに(例えば人などに)頼ったり、かまってほしさをにじませるような行動を取る。例えば彼氏から連絡がこないことをすぐに責めたり、SNSなどの言動で注目を集めたがったり、頻繁に連絡を取りたがるなどする。

同じく寂しさを植え付けられた場合でも、すでに寂しさを期待できなくなるほど我慢した人、寂しさを解消できると期待できない状況下にある人は、人に期待することなく孤独感なども自分の中に閉じ込める傾向がある。そのような場合は、人を責めることなく、最初から諦めていたり、「浮気したいなら好きにすれば」などと期待しないための態度を取り、無関心や無関係な立場を守ろうとする傾向がある。または「迷惑をかけないよう我慢する」という癖がついていることも多い。

つまり寂しさを植え付けられた人でも、それを解消するために依存的になったり攻撃的になったりする人もいれば、すでに諦めて無関心や無関係な態度を取ろうとする人(または迷惑をかけないよう我慢する人)もいる、ということである。どちらに偏るかは、状況やその他の要素にも左右されて決まることだと言える。

※人の性格は様々な要素に左右される。したがってとの関係は、性格に影響を及ぼす様々な要素のうちの一つでしかないことを理解すべきである。

親の精神的な不安定さと子の性格

が精神的に不安定な場合、子は我慢を強いられる機会が多くなり、そのまま我慢しやすい性格になることが多い。から攻撃的な態度を取られた場合も、が自虐的な場合も、それは言えることである。

が攻撃的で、例えば暴力を振るったり、子を酷く傷つけるような(人格否定などの)言動を頻繁にするような場合には、子は「されないこと」への不安を強めがちで、恋愛においては自分がされるために我慢をしたり必死に努力する傾向がある。相手に寂しがらせられたり、いらないと思われること、小さい存在に扱われることを強く恐れる傾向にある。安心できて守られることに強い喜びを感じる傾向とも言える。

が自虐的で精神的に崩れやすかった場合などは、子は「何もできない」という罪悪感を抱え続けることになり、自分の力が無力であること、上手にせないことへの不安が強くなりやすい。恋愛においては、相手を傷つけたり、相手にすねられたり、相手に「べつにどうでもいいし」などという自虐的な態度を取られることを極度に嫌い、自分が相手にとって役立つことで自分の存在価値を見出す傾向にある。安心できて守られることより、相手に必要とされること、尽くして幸せになってもらうこと、に喜びを感じる傾向とも言える。

ただしが不安定な場合というのは、多くの場合、攻撃や自虐を併せ持っていて複合的であることから、ここに書かれた傾向の全てが子の性格として出ることも多い。いずれにせよ我慢しやすいことはほぼ確かであり、何かにつけて「自分が悪いのではないか」と考えやすい人になりがちである。

親による恋愛への介入

干渉の激しい、子離れできていない、子どもと友人のようになって恋愛なども共有しているの場合、による恋愛への介入がしばしば問題になる。門限などの制限ばかりではなく、例えば娘の彼氏に若いうちから完璧を求めすぎたり、彼氏選びの失敗を許容しなかったりして(慎重さを求め過ぎるなどして)子の恋愛における成長の機会を阻害するからである。また、その子の立場としても、がどう考えるか、にどう思われるかを考えすぎ、行動が慎重になったり自分の気持ちを優先できなかったりして(例えば好きな人に飛び込めなかった、流行りの服装にチャレンジできなかった、等)、成長やチャレンジの機会を失うことが多い。それが積み重なって、ある程度の年齢になってから悔恨の念(もっと自分の気持ちを貫くべきだった、等)を抱くことにもなりがちである。このような理由から、恋愛に関しては自ら責任を持ち、とは一定の距離を置くことが望ましい。

また、が介入してくる場合、子のパートナー(彼氏彼女など)にマイナスの心象を与えることがほとんどである。例えばある女彼氏について、と一緒になって悪口を言ったり愚痴を共有すると、それは彼氏を心理的に「蚊帳の外」に置くことになり、彼氏の味方になれず、多くの場合その関係は悪化する。やはりこのような点からも、子はと(恋愛に関しては)一定の距離を置き、パートナーの味方であるよう努め、とパートナーとの良き仲介者でいることを心掛けるべきである。また、例えばデートの場所や時間に口出しをしてくるとして、自分もそれが正しいと感じたとしても、に言われたからではなく自分の責任において判断したりパートナーに伝える癖をつけるべきである。の言葉としてではなく自分の意見としてパートナーと話し合うべきである。

結婚における相手の親(姑、舅、など)との関係

結婚においては相手の家族という「関係者」が増え、結婚式や新居、その他生活についてなど言及される機会も増える。しかし信頼関係が不十分であることから、自分の言動は相手家族を傷つけたり嫌な思いをさせやすく、相手家族の言動もまた自分を傷つけやすいものである。したがって最初からお互いに大いに配慮する(思いやり合う)姿勢が必要だが、基本的に、間に立つ者こそがその調整役をしなくてはならない。例えば夫の母親(姑)と妻の間には、夫が積極的に立ってクッションとなり、調整役を務める必要がある。また、例えば夫が母親から言われたことは、夫が自分で考え、自分の意見として妻と話し合うなど、調整役としての責任を背負うべきである。

参考:恋愛の法律 第132条 親への紹介

婚約をしておらず付き合っているだけの段階でに紹介することについては、特に制限がないが、への紹介がないからといって不足であるとか真剣に付き合うつもりがないなどと判断してはならない。性格との関係、本人の性格、それらは多種多様であり、結婚が決まるまでとの間に恋愛の話題を出したくないという人も多い。したがって、それを尊重しなければならない。

参考:恋愛の法律 第124条 (結婚における)家族との関係

結婚に際しては、多くの場合、お互いの家族(主に両)という関係者が増えるため、あらかじめある程度の接触や干渉を覚悟し、関係を良好に保つよう努めなければならない。また、お互いに相手の家族に言われることは傷ついたり神経質になりやすいため、間に立っている人が内容を調整して伝えるとか、伝える前に自分でその話を止めるとか、橋渡しに責任を持ち、クッションにならなくてはいけない。例えば彼女彼氏に言いたいことがあるときには、彼女が間に入り、その話を吸収してクッションにならなければならない。彼氏彼女に言いたいことがあるときも同じである。

関連する格言・名言・コメント

結婚をしたら、それぞれの人に、自分のと自分の配偶者の間に立ち関係を円滑にするという責任がある。例えばに言われたことをただ夫に伝えるだけの人になってはならないし、が無茶を言えば自分が止めるべきである。

恋愛の学校 校長

父親母親の精神が不安定だと、子供は我慢する子になりやすい。それは恋愛に大きく影響するが、克服もできる。

恋愛の学校 校長

関連する性格診断・心理テスト・占い・相性診断

母さんからの手紙

「母親・父親」に関する恋愛相談

祖母と二人暮らしだがイライラする
彼氏と親が初めて会ったが、母親にボロクソ言われた
家庭内が滅茶苦茶な中、母親が倒れて負担が大きい
母親に言われて彼氏と別れてしまったが後悔している
母親へのわだかまりが消えない
母親が子離れできておらず彼氏の存在を明かせない
母親を好きになれない
母親が同棲に反対して聞く耳を持たない
一人暮らしをしたいが母を置いていけない
鬱病の母親に優しくできない
精神的な病を抱えた妹がいるのに母が自由に活動しすぎる
母が死にたいと漏らす
入籍したら母親に不満を言われた
母に「生まれてきたくなかった」と言ったことを根に持たれている
母親が結婚に口出ししてくる
母親の依存に耐えられない
絶縁状態の母親に婚約と妊娠を報告したい
母親の世話をしてドタキャンするとすねる彼氏
男は母親に似ている人を好きになるのか
母親が許せない
母親の感情について
離婚協議中の夫に父親の自覚を持ってほしいが接し方が分からない
父親の浮気を知ってしまい、どうすべきか分からない
父親の再婚相手との関係を良くしないと成長できない気がする
父親に夢を潰されてから許せない
親が離婚しそうだが父親が心配だ
父親がいないことを友達などに言えない
父親がもう限界だ
父親が娘の男関係に怒るのは嫉妬なのか
父親の影響などで男を信用できないし自信がもてない
彼氏の両親に借金がある

ここハニホーの知恵を凝縮。
読み流して成長するサイト。

価値観や気持ちを説明できますか

あなたは恋愛とか人生で感じる様々なことを、上手に説明できますか。心で生きることは大切ですし、基本です。でも心にはたまにモヤがかかったり恐れなどから自分で自分を分からなくします。うまく心の引っかかりが把握できないまま、人生の岐路とも言えるような、重大な決断を迫られることもあるでしょう。

「気持ちや価値観を言葉にする」

それは、単に表現や把握のためではありません。心が整理されていれば、恐れを持ったままチャレンジすべきこと、諦めるべきこと、が分かって納得のいく生き方ができます。心が整理されていれば、次にもっと深いことを考えることができます。

我々は、おかゆのように気持ちや価値観を噛み砕いて、吸収が早くなるようにして、我々の知恵をお届けしています。読み流すだけで人がどんどん成長するサイトを、もう何年も何年も続けているのです。

付き合うとは、愛とは、情とは何ですか?恋愛に努力は必要ですか?自信を持とうと心に決めると自信は持てますか?こういうことを言葉にするのは難しいのです。言葉にならなければ、ぜひ、我々のサイト「恋愛の学校」へどうぞ。
※本サイトのまとめは、恋愛の学校の校長が著述したものです。相談すれば回答があるかも?
【SNSでの共有】
以下のような文言を共有します
(投稿前に編集できます)
send to Twitter send to Facebook send to Mixi send to Google Plus other
 
目次に戻る

【関連キーワード】
干渉 / 関係 / 気持ち / 過干渉 / 愛情 / 愛されない / 罪悪感 / 母子家庭

新着をすぐお知らせ
【よく当たる!診断/恋愛占い/結婚占い/相性占い】
まずはコチラ(迷ったら・悩んだら)相性占い好きな人・片思い・アプローチ・相手の気持ち彼氏・彼女結婚・結婚占い・結婚診断恋愛占い(恋愛傾向)結婚診断(基本)結婚の相性占いモテ占い婚期・結婚適齢期不倫・不倫占い浮気・浮気占い元彼・元カノ・復縁占いお似合いの人
【恋愛指南や相談】
恋愛の学校片思い・好きな人・アプローチ・相手の気持ち結婚相性不倫浮気元彼・元カノ・復縁
【恋愛まとめ】
恋愛のまとめ
【恋愛相談一覧】
相談一覧
※性格診断、心理テスト、占いは無料です。
株式会社番長