恋愛と言えば・恋愛で困ったら・ハニホー!

目次に戻る

男女の違い男と女の違い」まとめ

男女の違いとは何か / 男と女の違いとは何か / 男女の違い・男と女の違いの意味 / 男女の違い・男と女の違いの定義

恋愛における男と女の違い

と女は当然、別により考え方や行動に違いがある。個による差もあるため、女的な男や男的な女というのも少なくないが、おおまかに男と女特有の「傾向」というのは存在する。以下にそれら「男と女の違い」をまとめる。

コミュニケーションの違い

の場合、主に目的がないと連絡を取り合わない傾向があり、コミュニケーションを取ることによって密になるという概念を持たないことが多い。女の場合、他のない話でも、接点を持ち、会話をしたり時間を共有することで密さを増そうとする傾向にある。

参考:毒舌太郎恋愛大学「恋愛における男女の差 コミュニケーション」

ひさしぶりに同窓会があるときに、女同士こんなことを言う。「なかなか連絡できなくてごめんねー」などと。男同士でこんなことを言うだろうか?ほとんど言わないだろう。

多くの女にとって密であることとは、コミュニケーションを頻繁にとることだとも言える。「仲が良ければコミュニケーションを頻繁にとるもの」というのが基礎にあるから、ひさびさに会った友達には連絡がとれなかったことを謝るわけだ。女はコミュニケーションをとりながら仲良くなろうとするものだ。

ところが男は基本的に「目的」がないと連絡をとらない。用事がないと連絡をとらないから、同窓会で「そういえば連絡全然してなかったな」と言うことはあっても「ごめん」とはならないだろう。連絡をとらないことが男同士の仲に関係するわけではないからだ。

こういう男女が付き合うと、最初は男も「あのコを落とす。アピールしなきゃ」という目的を持っているからメールをいっぱいするのだが、付き合ってからは男のメールが減っていくということが多い。なぜなら用事もないのに「今日は暑いねー」などと連絡する意味がないと思うからだ。女からすれば、そういった言葉のやりとりが密さを深める手段なんだが、男はいちいち意味ある返信をしなきゃと思うし「今日は桜がキレイだね」と言われても何て返事をしていいか分からず、返信が面倒になっていく。女は寂しくなる。

性欲の違い

と女欲の強さが違うというより、男のほうが精神を重視しない傾向にあり、欲に対してストレートである。女は精神を重視する。女のほうが的には弱い立場であるため(子孫の残し方が、男はバラマキ型であるのに対し、女は出産できる人数が限られているため。また女のほうが妊娠にリスクがあるため。また女のほうが力が弱いため)、女は、まずされることに慎重になりやすいのだと言える。よって精神の壁を乗り越えてから欲が発揮されるため、女のほうが男よりも欲が弱い、弱く見える、と言える。

参考:毒舌太郎恋愛大学「恋愛における男女の差 性欲」

男のほうが欲が強いのは分かるだろう。男の欲ピークは思春期のころ、女の欲ピークは40歳ぐらいと言われている。ただ全体的には男のほうが欲がずっと強い。

若いうちは男のほうが欲が強く、女はそうでもない。女も男を意識はするし、肉体関係を望む人も多いが、どちらかといえば欲よりも密感とか一体感を得たい場合がほとんどだ。例えば男向けの成人用漫画などでは描写がストーリー関係なくあるが、女向けのものでは、まずいろいろな心のやりとりがあってから描写がある。女にとって「まず」大事なのはそこまでに至る過程であって、一定の信頼感をクリアした上で、的な欲求が走る。

実際は女の欲が弱いとか、女の欲ピークが遅いというのは、あくまでデータから読み解いた場合であって、(以下略)

プライドの違い

(本項目は執筆中です。以下を参照してください)

参考:毒舌太郎恋愛大学「恋愛における男女の差 プライド」

男女ともにプライドはあるが、特に男は非常にプライドが高いのは分かるだろう。人は自分の無価値感が刺激されるとプライドが覆って心をガードするものだ。男は小さいころから、強さを獲得するよう教育される。社会の中で強くいることを義務付けられる。したがって、男は強さや自分の立派さが自分の価値基準であるような気がしているし、そこを刺激されるとすぐプライドが出てきて心をガードする、ある意味かわいそうな生き物である。

ちなみに女には、かわいくあることへの無言の圧力が社会にあるだろう。だからそれが自分の価値基準だと思ってしまいがちだし、そこには敏感なはずだ。だから、男を誉めるなら相手を尊敬するように誉め、女を誉めるにはかわいさなどをちやほやするように誉めるのが基本となる。逆に言えば、それらのことは敏感であるがゆえに取り扱いに慎重にならないといけない。

言葉の違い

(本項目は執筆中です。以下を参照してください)

参考:毒舌太郎恋愛大学「恋愛における男女の差 言葉の行間」

女のほうが行間に意味を込める。つまり、言ったことそのままではなく、言葉から気持ちを汲み取ってほしいというケースが多い。

例えば「最近映画行ってないね」と彼女が言ったとしよう。彼氏は「確かに行ってないね」と言い、それだけで終わることも多い。でも女からすれば「映画に行きたくない?映画行こうよ」という意味が込められているとしても、彼氏はそれに気付かず、普通に返して終わったりする。「じゃ映画行くかぁ」とか言ってくるものだと思っていた彼女は「え?それだけ?」と拍子抜けしてしまうだろう。男のほうが、「言葉の意味そのもの」を汲む。

致命的なケースは、我慢が爆発したときに彼女が「もう別れる!」と言った場合だ。彼女は「このつらい気持ちを分かってよ!」という心持ちだとしても、彼氏は言葉どおりに受け取って「そんなに別れたいのか。分かった」という方向へ進むことがある。言葉を発した人の気持ちではなく、言葉そのものの意味をとらえるのが男だからだ。また、男が「別れよう」と言ったからには、撤回することはあまりない。男は自分が出した言葉にも縛られるし責任をとろうと行動しがちだから「そう言ったから」ということで、別れることは覆りにくいだろう。

関連する格言・名言・コメント

女は子供を産む数が限られていて、男はほぼ際限なく子供をもうけることができる。これによる本能の差が、様々な恋愛のすれ違いや誤解を生んでいる。

恋愛の学校 校長


ここハニホーの知恵を凝縮。
読み流して成長するサイト。

価値観や気持ちを説明できますか

あなたは恋愛とか人生で感じる様々なことを、上手に説明できますか。心で生きることは大切ですし、基本です。でも心にはたまにモヤがかかったり恐れなどから自分で自分を分からなくします。うまく心の引っかかりが把握できないまま、人生の岐路とも言えるような、重大な決断を迫られることもあるでしょう。

「気持ちや価値観を言葉にする」

それは、単に表現や把握のためではありません。心が整理されていれば、恐れを持ったままチャレンジすべきこと、諦めるべきこと、が分かって納得のいく生き方ができます。心が整理されていれば、次にもっと深いことを考えることができます。

我々は、おかゆのように気持ちや価値観を噛み砕いて、吸収が早くなるようにして、我々の知恵をお届けしています。読み流すだけで人がどんどん成長するサイトを、もう何年も何年も続けているのです。

付き合うとは、愛とは、情とは何ですか?恋愛に努力は必要ですか?自信を持とうと心に決めると自信は持てますか?こういうことを言葉にするのは難しいのです。言葉にならなければ、ぜひ、我々のサイト「恋愛の学校」へどうぞ。
※本サイトのまとめは、恋愛の学校の校長が著述したものです。
【SNSでの共有】
以下のような文言を共有します
(投稿前に編集できます)
send to Twitter send to Facebook send to Mixi send to Google Plus other
 
目次に戻る

【関連キーワード】
彼氏 / 彼女 / 性格

新着をすぐお知らせ
【よく当たる!診断/恋愛占い/結婚占い/相性占い】
まずはコチラ(迷ったら・悩んだら)相性占い好きな人・片思い・アプローチ・相手の気持ち恋愛占い(恋愛傾向)結婚占い結婚の相性占いモテ占い婚期・結婚適齢期不倫・不倫占い浮気・浮気占いお似合いの人
【恋愛指南や相談】
恋愛の学校片思い・好きな人・アプローチ・相手の気持ち相性不倫浮気復縁
【恋愛まとめ】
恋愛のまとめ
【恋愛相談一覧】
相談一覧
※性格診断、心理テスト、占いは無料です。
株式会社番長