片思い&彼氏彼女&結婚で困ったら
恋愛診断・恋愛占い ハニホー!

目次に戻る

喧嘩」まとめ

喧嘩とは何か / 喧嘩の意味 / 喧嘩の定義

喧嘩とは

いさかいや言い合いのこと。暴力を伴うこともある。

恋愛における喧嘩の意義

不満を感情的に相手に伝えることにより、その人の感じていることや考えていることは生々しく伝わるなど、理解を深める効果がある。

ただし副作用として、心が傷つき、恐れを抱いたり萎縮したりして関係に壁や亀裂を生じるということがある。

したがって喧嘩をする際は、相手の人格や存在や感じ方を否定するのではなく、自分の気持ちや意見を表現することに終始すべきであり、理解のための喧嘩であることを念頭に置いておく必要がある。

参考:恋愛の法律 第98条 喧嘩の心得

喧嘩は、相手に対する不満や悲しみなどネガティブ感情の発散と、気持ちの理解を求める目的でなされなければならない。相手の人間を貶め、攻撃し、相手の存在を否定するものであってはならない。

参考:恋愛の法律 第99条 存在否定の禁止

相手の存在を否定することを禁止する。相手の存在を否定することとは、相手の出自(出身地や人種など)、人生の経緯(過ちなど)、相手が大切にしている家族(や兄弟など)、相手の顔など変更しがたい特徴、相手の気持ち、相手の努力が及ばない事象(病気になったことなど)、などを攻撃したり否定することである。これの一切を禁止する。

参考:恋愛の法律 第100条 喧嘩で許可されること

相手の努力、姿勢、成長などによって改善できるにもかかわらず、相手がそれを怠ったことについては、それを責め、改善を求めることができる。しかし過去の経緯ではなく現在の姿勢を問うなどして、未来への改善を促すものでなければならない(切り捨てるためのものであってはならない)。また相手の事や気持ちを聴く姿勢を持ち、それを論破しようとしてはならず、自分の気持ちを伝えることでぶつかり合わなければならない。また、自分の気持ちを伝えることは全面的に許される。例えば「相談もなく仕事をやめたのは信頼されてないようで嫌だし悲しい」「ムカつく!」は許可されるが、「相談もなく仕事をやめるなんてアタマがおかしいとしか思えない」という表現は許可されない。

参考:恋愛の法律 第101条 正しさの争い

喧嘩の際は気持ちを中心に伝えることとし、「正しさの争い」をするときには、相手の納得を得るよう努力しなければならない。納得が得られない場合はやはり気持ちを中心に伝えなければならない。例えば「彼氏以外の男と飲みにいくべきではない」という点で相手と喧嘩になった場合には、相手の言い分も聞き、最初は正しさをぶつけ合っても良い。しかし価値観の違いなどでどちらが正しいとも言えず、納得もできないときには、「彼氏以外の男と飲みにいくのは嫌だ」という気持ちを伝えることとし、不安を伝えるなど、お互いに気持ちを掘り下げていかなければならない。

仲直りの方法

喧嘩の裏にあるのは強い感情であり、その感情が沈静化しない限り、問題解決を図ってもうまくいかないことが多い。例えば相手を傷つける言葉を発したことで喧嘩になったとして「もうその言葉を使わなきゃいいんだろ」と言っても、仲直りはできない。問題は解決するかもしれないが、感情は解決しないからである。

この場合は、相手が傷ついたことについて謝ったり、少し待って感情が落ち着いてからどこか相手が喜ぶところに連れていくなど、感情を癒すよう努めたほうが近道である。

また、夜に喧嘩した場合は、朝を待つのも効果的である(理由は後述)。

参考:恋愛の法律 第102条 仲直り

喧嘩をした際にはすみやかに仲直りを目指す必要はない。納得がいかない場合など一人で考える時間を設けたり、感情の鎮静化を待っても良い。またその猶予を相手にも許可しなければならない。しかし一人になったときには、相手の気持ちや事などの背景を考えたりして、理解できる点や許せる点はないかという視点で考えなければならない。

夜の喧嘩

朝よりも夜のほうが喧嘩しやすい。夜は感情的になりやすく、また一日の脳の疲れが蓄積していることもあって、ネガティブになりやすいからである。特に深夜に電話などをしていると喧嘩する確率が高まるし、そういうときはいろいろと言葉を重ねても、精神状態が良くならないため、なかなか喧嘩が終わらない。

朝は睡眠を取った後なので脳内がクリアになり、喧嘩する確率は低いし、前日の喧嘩について仲直りしやすい。よって夜にした喧嘩は朝を待つのも一つの手である。

逆に、しっかり寝たにもかかわらず朝に喧嘩をするとしたら、それは悪感情を生むはっきりとした喧嘩の火種がそこにあったと捉えるのが妥当である。

関連する格言・名言・コメント

「普通、仕事とはいえ女と二人で食事にいくなんて有り得ないでしょ」と言うと、話は「それが普通かどうか」にそれて喧嘩になってしまう。「そんなの不安だし嫌だ」と言うほうがいい。

恋愛の学校 校長

彼氏彼女喧嘩して論破しても意味はない。勝者はべつに幸せではない。運動会の二人三脚で、パートナーに殴り合いで勝利しても意味はない。

恋愛の学校 校長

喧嘩をしたとき「お前が先にああ言ったんだろ」と「行動」を遡って原因追及しても何ら解決しない。しかし「ああ言ったからおれは腹が立った」「私は寂しかった」と心を遡るのは、解決や相互理解につながる。

恋愛の学校 校長

「喧嘩」に関する恋愛相談

彼氏と喧嘩して、自分が謝って終わらせるが、心がついていかない
10年付き合っている彼氏と喧嘩したきり、ほぼ音信不通だ
彼氏との喧嘩が増えてきた
喧嘩はしたくないという彼氏に、言いたいことを言えば険悪になる
喧嘩して別れた彼氏と復縁できるか、復縁していいのか悩む
彼氏が喧嘩や話し合いを避ける
喧嘩などで別れそうになった後で、やり直すことになったが、ぎこちない
彼氏と喧嘩しすぎてしまうが改善できない
だいぶ年下の彼氏とつまらないことで喧嘩してしまう
大学生だが、彼氏に「結婚は考えられない」と言われ、喧嘩している
好きな人と、付き合ってもいないうちから喧嘩した
喧嘩したときに彼氏(のような人)が泣いたが、意味が分からない
新婚だが夫とよく喧嘩をする
彼氏に多くを求め過ぎて喧嘩も多い
彼氏と喧嘩してしまい別れたいとすら思う
彼氏と喧嘩して別れそうだ
大親友と喧嘩を繰り返してしまう
大きな喧嘩がないのが不安だ
仲が良かった彼氏と喧嘩が増えてきた
彼氏と喧嘩ばかりするし信用できない
喧嘩していつも自分が謝る
彼氏と喧嘩しすぎる
喧嘩の終わり方があやふやだ
彼氏と喧嘩して勢いで別れてしまった
計算ずくで彼氏に理不尽な喧嘩をふっかけてしまう

ここハニホーの知恵を凝縮。
読み流して成長するサイト。

価値観や気持ちを説明できますか

あなたは恋愛とか人生で感じる様々なことを、上手に説明できますか。心で生きることは大切ですし、基本です。でも心にはたまにモヤがかかったり恐れなどから自分で自分を分からなくします。うまく心の引っかかりが把握できないまま、人生の岐路とも言えるような、重大な決断を迫られることもあるでしょう。

「気持ちや価値観を言葉にする」

それは、単に表現や把握のためではありません。心が整理されていれば、恐れを持ったままチャレンジすべきこと、諦めるべきこと、が分かって納得のいく生き方ができます。心が整理されていれば、次にもっと深いことを考えることができます。

我々は、おかゆのように気持ちや価値観を噛み砕いて、吸収が早くなるようにして、我々の知恵をお届けしています。読み流すだけで人がどんどん成長するサイトを、もう何年も何年も続けているのです。

付き合うとは、愛とは、情とは何ですか?恋愛に努力は必要ですか?自信を持とうと心に決めると自信は持てますか?こういうことを言葉にするのは難しいのです。言葉にならなければ、ぜひ、我々のサイト「恋愛の学校」へどうぞ。
※本サイトのまとめは、恋愛の学校の校長が著述したものです。相談すれば回答があるかも?
【SNSでの共有】
以下のような文言を共有します
(投稿前に編集できます)
send to Twitter send to Facebook send to Mixi send to Google Plus other
 
目次に戻る

【関連キーワード】
別れ / 夜 / 朝

新着をすぐお知らせ
【よく当たる!診断/恋愛占い/結婚占い/相性占い】
まずはコチラ(迷ったら・悩んだら)相性占い好きな人・片思い・アプローチ・相手の気持ち彼氏・彼女結婚・結婚占い・結婚診断恋愛占い(恋愛傾向)結婚診断(基本)結婚の相性占いモテ占い婚期・結婚適齢期不倫・不倫占い浮気・浮気占い元彼・元カノ・復縁占いお似合いの人
【恋愛指南や相談】
恋愛の学校片思い・好きな人・アプローチ・相手の気持ち結婚相性不倫浮気元彼・元カノ・復縁
【恋愛まとめ】
恋愛のまとめ
【恋愛相談一覧】
相談一覧
※性格診断、心理テスト、占いは無料です。
株式会社番長