恋愛と言えば・恋愛で困ったら・ハニホー!

目次に戻る

未練執着忘れられない」まとめ

未練とは何か / 執着とは何か / 忘れられないとは何か / 未練・執着・忘れられないの意味 / 未練・執着・忘れられないの定義

未練とは

諦めきれないこと、心残りがあること、またはその心理そのものを指す。恋愛においては、交際関係を解消した後で(別れた後で)、復縁したい気持ちがあったり、復縁の希望までは抱かなくても、問題さえなければ相手との関係を保ちたかったと感じるような心理を指す。

未練があるということは、すなわち恋愛感情がまだあると言えるのか(まだ好きだと言えるのか)、がしばしば問題になるが、恋愛感情がある場合もあれば、以下に述べる執着心のみが残っている場合もある。

執着(執着心)とは

こだわること、心にこびりつき、なかなか頭から離れない様子、またはその心理。執着している状態というのは、すなわち忘れられない状態である。

人は、心に強いインパクトを受けたときに、その出来事や対象物を忘れられなくなるが、特に別れ別れるまでの過程において傷ついたときには(相手を強く傷つけた場合も含む)、その痛みによって相手のことを忘れられなくなるものである。例えばひどく自分の心を痛めつけるネットの書き込みがあったとしたら、何度もそれを見てしまったり、何が何でも反論したくなったりして、なかなか心穏やかに忘れるということができない。例えば警察官に呼び止められて自転車の二人乗りを注意されただけで、彼女は気にしていないのに、彼氏がその後もずっと「本当に警察ってのはしょうもないよな」などと言っていたとしたら、彼氏は実は少し傷ついていて頭から離れていないのである。

恋愛において別れた場合でも、振られた人はその傷を回復したいと望み、振った人は罪悪感を減らしたい(償いたい)と望むことがしばしばある。この痛みが消えないうちは、こだわりが続くことになり、それが執着心となる。

つまり執着心の中には必ずしも恋愛感情を含まない。多くの場合は、心の傷による痛み、その傷へのこだわり、である。それはまるで、おでこのたんこぶを触らないほうがいいのに、痛みがあるうちは何度も触ってしまうようなものである。

元カレ(元彼)元カノなどを忘れられない(忘れられない人になってしまう)理由

別れた後で忘れられない理由は、上述のように「心に痛みが残る場合(生傷の場合)」もあれば、「恋愛感情がまだ残っている場合」もある。その合計値、つまりインパクトが強ければ強いほどに、忘れられない人になっていく可能が高まる。後述の「忘れられない人」の項目を参照。

また、恋愛感情が少ししか残っていなくても、その後の恋愛がうまくいかなければ、最後に幸せを感じた恋愛(多くの場合、美化されている)に気持ちが戻ってしまうということもある。最後に幸せを感じた恋愛が、ゲームで言うところのセーブポイントのような役割を果たし、何度もその恋愛に心が戻ってしまうのである。その場合、その元彼元カノのことが好きというより、「今がつらい、つまらない」という理由のほうが大きいのだと言える。

忘れられない人(忘れられない恋)

忘れられない人というのは基本的に、傷つけ合ったという意味か、もしくは大恋愛で大好きだったという意味で、「インパクトの強かった人」である。

簡単に数値化できるものではないが、例えば100の大恋愛をして、100傷つけ合って別れたとすると、200の数値が残るようなものである。それは時間の経過とともに徐々に減っていくことが通例である。しかしながら、ここで新しい彼氏彼女候補が現れたとしても、未来への期待がその数値を超えないとき、なかなか先に進もうとは思えないし、何度も昔を思い出して、その200の数値がなかなか減っていかない、という現象が起きることもある(蚊に刺された部分が気になるからといって触り過ぎれば、なかなか治らないだろう)。

お互いに憎しみ合っていたりひどく傷つけられた場合でも(好きな気持ちが少なくても)忘れられないのは、このような理由からである。インパクトが強ければ、それを思い出してしまうし、なかなか前に進むことができない。恋愛以外でも、例えばいじめられた人はなかなかそれを忘れることはできないだろう。夫や彼氏から暴力を振るわれていた人なども同様である。

なお、あまりに未来に期待できないとか、何も未来に起きそうもないという人(未来の数値が0の人)ならば、一度メールで軽く好きだと言われただけの人にもこだわってしまうだろう。たとえ過去が10程度だとしても、未来が0ならば、それにすがったりこだわったりしてしまうものである。過去が10程度なら、多くの場合は、恋愛以外の何か楽しいことによってもかき消されてしまうものだが、恋愛以外にも恋愛にも希望を抱けなければ、やはり後ろ向きになってしまうのである。

忘れるためには(忘れたい)

忘れられない、というのは心の自然物であり(人工的に、つまり意識して直接コントロールできないことであり)頑張って忘れようとしても余計にしっかりこびりつくだけである。

忘れるためには、過去の存在感が比較的小さくなる必要があり、それは時間が経過することや、新しい別の希望が芽生えること、自分の人生が充実することによって実現される。したがって「忘れるため」の行動をするのではなく、それ以外のことをただひたむきに頑張ることで、「結果として忘れる」ことを目指す必要がある。

ただし自分の人生を歩みたくないなど、依存心が強い人、一人で生きることをどこかで恐れている人などは、意識では「忘れたい」と思っていても、無意識的には「忘れたくない」という心理が隠れていることも多い。忘れられないこと、執着することを利用して、自分の人生と向き合わないのである。

関連する格言・名言・コメント

別れた人は花であり、これから付き合う人は種である。花と種を見比べて、昔が良かったというのでは、前に進めない。

恋愛の学校 校長

欠点すら好きになれるのが、欠点があってもその人は一人しかいないと思うのが、欠点の有無に関係なく、とにかく自分を気にしてほしいというのが執着である。

恋愛の学校 校長

関連する性格診断・心理テスト・占い・相性診断

復縁への道
復縁診断

「未練・執着・忘れられない」に関する恋愛相談

振られて未練のある相手に最低限の連絡を取ってもいいのか
自分を振った元彼が未練がましいことを言う
退社と同時に彼氏に振られ、執着してしまうし気持ちが整理できない
執着している元彼と会うべきか
彼氏が鬱病になって別れたが忘れられない
結婚を決断できないまま別れた元彼を忘れられない
2年前に好きだった人を忘れられない
好きな人に付き合えないと言われたが忘れられない
「女を好きになれない」と言われて振られた人を忘れられない
二年前に別れた元彼をいまだに忘れられない
彼氏が元カノを忘れられないようだ

ここハニホーの知恵を凝縮。
読み流して成長するサイト。

価値観や気持ちを説明できますか

あなたは恋愛とか人生で感じる様々なことを、上手に説明できますか。心で生きることは大切ですし、基本です。でも心にはたまにモヤがかかったり恐れなどから自分で自分を分からなくします。うまく心の引っかかりが把握できないまま、人生の岐路とも言えるような、重大な決断を迫られることもあるでしょう。

「気持ちや価値観を言葉にする」

それは、単に表現や把握のためではありません。心が整理されていれば、恐れを持ったままチャレンジすべきこと、諦めるべきこと、が分かって納得のいく生き方ができます。心が整理されていれば、次にもっと深いことを考えることができます。

我々は、おかゆのように気持ちや価値観を噛み砕いて、吸収が早くなるようにして、我々の知恵をお届けしています。読み流すだけで人がどんどん成長するサイトを、もう何年も何年も続けているのです。

付き合うとは、愛とは、情とは何ですか?恋愛に努力は必要ですか?自信を持とうと心に決めると自信は持てますか?こういうことを言葉にするのは難しいのです。言葉にならなければ、ぜひ、我々のサイト「恋愛の学校」へどうぞ。
※本サイトのまとめは、恋愛の学校の校長が著述したものです。
【SNSでの共有】
以下のような文言を共有します
(投稿前に編集できます)
send to Twitter send to Facebook send to Mixi send to Google Plus other
 
目次に戻る

【関連キーワード】
復縁 / 元彼 / 元カレ / 元カノ / 忘れたい / 手放す

新着をすぐお知らせ
【よく当たる!診断/恋愛占い/結婚占い/相性占い】
まずはコチラ(迷ったら・悩んだら)相性占い好きな人・片思い・アプローチ・相手の気持ち恋愛占い(恋愛傾向)結婚占い結婚の相性占いモテ占い婚期・結婚適齢期不倫・不倫占い浮気・浮気占いお似合いの人
【恋愛指南や相談】
恋愛の学校片思い・好きな人・アプローチ・相手の気持ち相性不倫浮気復縁
【恋愛まとめ】
恋愛のまとめ
【恋愛相談一覧】
相談一覧
※性格診断、心理テスト、占いは無料です。
株式会社番長